Akitaviewhotel.jpはもうここではありません。 代わりに、viewhotels.co.jpを試してください。

秋田市の魅力について知ろう

秋田県の県庁所在地である秋田市は、同県の政治、経済、交通の中心地として、また東北日本海側最大の都市として栄えてきました。豊かな食文化と伝統文化を持つことから、観光先としても人気のある場所です。

秋田市の伝統文化

数多くの博物館、資料館で秋田の文化、歴史に触れられるほか、年間を通しての祭りや行事も毎年注目を集めています。
特に、秋田市の夏の大祭である竿燈(かんとう)祭は、日本三大提灯祭り、東北三大祭りにも数えられるもので、大量の提灯を提げた長い竹竿を一人で支えて街を練り歩く匠の技が見られることで有名です。
実際の祭りの様子は、秋田市公式のこの動画をご覧ください。
伝統の技 秋田の竿燈 KANTO
特に夜の竿燈は、黄金色の提灯が暗闇に映えて大変美しく、情緒ある景色を楽しめます。

秋田の郷土料理

米どころの秋田の郷土料理と言えば、潰した米を棒に巻き、焼いたり鍋に入れたりして食べる「きりたんぽ」、自慢の米から作った地酒などが有名です。また、日本海の美味しい魚介を活かした名産も多くあります。秋田県沖は天然のふぐの産卵地があり、秋田ふぐはその味の良さで評判です。
麹で高級魚のハタハタを漬け込んだハタハタ寿司、ホタテ貝の殻で煮る鍋、貝焼きなどもよく知られています。その他にも、大根の燻製であるいぶりがっこ、水草の若芽で作るじゅんさい、ホウキ草の実で作るぷりぷりとしたとんぶり等も有名です。